February2020

地域連携実習の意見交換会を開きました。

 

令和元年度 地域連携実習意見交換会

日時:令和2年2月6日(木)  16:30~18:00
場所:愛媛大学教育学部会議室
出席者:学校及び教育関係者・・・27名、愛媛大学教員・・・13名、教職支援ルーム・・・1名

実習カリキュラム委員会 安部利之委員長挨拶
学生の体験活動にご協力いただいたことへのお礼と、平成10年に発足をし、少しずつ形を整え、平成18年に地域連携実習という正式名称に代わってからここに至る歴史を説明されました。

地域連携実習ワーキンググループ 中曽WG長

今年度の地域連携実習について、特に例年通りで大きなトラブルもなく、数値も例年並みであったと報告されました。
今年度の数値(2月5日付)
・事業依頼があった学校・教育機関数59
・事業依頼数 153
・延べの参加人数 667名

意見交換

●活動に参加した学生の様子
【小学校】
良かった点
・キッズジョブ 学生がテキパキと動いてくれた。
・保護者からも挨拶など好評だった。自ら動ける学生が多かった。
・PTAバザーでは、ゲームと工作(缶バッジ)この2つは保護者ノータッチ。学生だけで運営してもらった。お父さんお母さんより若い世代が子供たちにはよかった。次年度は企画段階からお願いしたい
・要望したことについて、すべてご対応いただいている。
・空き教室を活用した老人との交流,朝読書のスタッフ等助かっている。
・おやじの会 お化け屋敷を企画段階から入ってもらった。
・病的ケア児 松山城にいけない子供の支援 3名の男子学生にきてもらった。急なお願いでも来てくれて大変助かった。
・自然の家,運動会,マラソン,遠足などのサポートをしてもらい助かった。
学生の感想:こんなに先生の仕事が大変だと思わなかった。来年もどう? >ちょっと迷っています
・外国語アシスタント2名。子どもたちと一緒に楽しんで、ネイティブの先生(通訳など)と子どもとの橋渡しをしてくれている。良い雰囲気づくりなどにも繋がる。
・若い学生の魅力は代えがたい。子どもにとっても声をかけやすい(悩みの相談など)。学習アシスタント+支援が必要な生徒への生活支援面の役割も担ってもらっていて有難い。
気になった点
・空き時間にスマホを触っている学生がいたが、注意するとすぐやめた。
・学生が子どもをサポートしすぎる,子どもを動かせるようなサポートを。
【中学校】
良かった点
・恒常的に入っていて助かっている。
・学生が意欲的にかかわってくれる。
・学生が子供たちと近いので良い。理学部の学生だけれどよかった。
・こどもとの距離が近すぎず取れていた。ちゃんと線引きできている。
・挨拶もでき好感度は高い。
・助かっているところ大きい。
・担任の目の届きにくい理科や運動会も募集したい。
気になった点【全体】
・大学生の子供へのかかわり方にばらつきがあった。
・今年度はお弁当の片付けなどが自主的にできない生徒への指導が必要だったが、学生は気づけなかった。
【幼稚園】
・行事のサポート、準備等助かっている。急な要望にも対応できていた。
・学生からは「子どもの成長がみられた」と感想があった。
【特別支援学校】
・実習の3年生、介護等体験の学生も来る。
・学校祭では、幅広い学生が来ている。打ち合わせが少なくても頑張って活動ができている。

●学生を募集するときの工夫
小学校
・学生はアルバイトではないので,そういう配慮をしてあげないといけない。
・将来の夢を壊さないように気を遣っている。
・学生の名札を自分で書いてもらった。「〇〇先生」と呼ばせる。
・学習アシスタントで年間入ってもらうので、はじめに学生へのガイダンス(守秘義務、配慮すべきことなど)をじっくり説明する時間を設けている。
・行事の補助で1日のみ参加してもらうようなケースも多いが、学生の立場に立つと何をしたら良いかわからないと思われる。そこで、「何をしてほしい」のか、学生には明確に伝えてくださいと各教員にお願いしている。主体的に自分でということは難しいのではないか。
中学校
・数学の学習アシスタントでは担任、TT、学生の3名体制になることがある。担任が学生に指示を出し、動きやすいように配慮している。
・今年度は他の教科も入れて、それについては当日テキストを渡した。
・キャリア教育の取組みで、学生の話を聞く時間を設けた。
・遠いため、交通費を出せない分教員が送迎した。

●大学への要望・改善策
・学校に来たら挨拶を元気よくしてほしい。
・英語の学生に来てほしかったが、大学生が足りないのでしょうがない。
・申請書をもう少し簡略化できれば。
・夏休み明けの10月以降は学生から連絡がなく、参加が途絶えてしまうことがある。
・実習に来たくてもガイダンスを受けていなくて来られない学生が多かった。学生にガイダンスに出ておくように指導すべき。子供理解のために学生の意識の高まりを促したい。

大学から
・実習前にガイダンス等で学校や子供との関わり方について、説明しているが、今後も引き続き強調していきたい。また、ガイダンスには必ず参加するよう呼びかけをしたい。
・学生について気が付きにくいこともあるので、遠慮なく教職支援ルームに話をしてほしい 

●その他
・大学の対応がよかった。
・夏休みの補充学習の日数を増やしたい。
・他の行事への活用も考えたい
・大学を通すとは参加学生に保険が適用されるというメリットがある。
・企画段階から入って,うまくいかなかった責任を学生に負わせるのはかわいそう。
・ 学生に何か持ち帰ってほしいという思いがある。(教員採用試験の情報共有など)
・すぐにでも教員になってほしいような学生が多い。愛媛県で教員になっていただけると心強いと感じる。
・資料から、各学校での地域連携実習の大学生の取組や活動補助などがわかるので参考とした

●質問
・延べ人数620名くらい、実人数は?
→370名程度
・この授業の単位は?
→単位認定されるが、教職の単位にはならない
→単位取得を目的にしている学生は少ない
・出身は?
→県内外は半々、自宅生は1割くらいではないか
・英語のアシスタントの希望者が少ないようだが?需要はあってもそれに参加できる学生がいないのでは?
→学生が減っている。特に英語を専門とする学生が少ない
→宿泊を伴うような活動は可能であるのか?
・可能です。
今年度も学生が大変お世話になりました。特に大きな問題もなく1年過ごすことができました。来年度もよろしくお願いします。

CATEGORY : 地域連携実習|2020年2月28日 3:54 午後  

教員採用試験の相談会を開きました。

 

2月の初旬、卒論も終わった4回生が、3回生を対象にした教員採用試験の相談会に参加してくれました。
小・中・高の校種別、県別に対応して、個々の相談に熱心に応じていました。自分が使った参考書や資料を後輩に譲っている光景も見られ、いい相談会になりました。

CATEGORY : お知らせ| 3:08 午後  
ページトップへ